走るナイスガイ

目指せ!走るナイスガイ!

次の東京マラソンをどうするか

f:id:iiyudana66:20200609234148j:image

10年越しの願いが叶ってやっと当選した東京マラソン2020。ご存知の通り一般の部は中止となってエリートのみの開催になった。

しかし出走権は2021年か2022年に持ち越せる(参加料はまた払う)ということで、ずっと落ち続けた自分からしたらとてもありがたいこと。

問題は参加するのが2021年大会なのか2022年大会なのかというところ。

次に参加する大会を2021年か2022年か選べる

東京マラソン2020当選者は2021年大会か2022年大会から選んで参加できるようになっている。下の画像は東京マラソンホームページ。

f:id:iiyudana66:20200609200418j:image

そして個別にこのようなメールが届いている。

f:id:iiyudana66:20200609193501j:image

元々5月中旬に参加登録をしなければいけなかったがこんな状況なので7月中に延期してくれた。

普通なら2021年かなとも思うが、そもそも2021年は出来るのか?という問題は付いてまわる。

仮に開催したとしても、他の大会をやらないとなると調整もままならないと思うのでファンランの度合いが強くなる気がする。

東京マラソン2020に向けて参加した大会の今年度の情報

昨年度は東京マラソン2020でベストを出そうと毎月レースの予定を入れていた。11月の世田谷246こそ体調不良でDNSだったが他は予定通りに参加できた。

その大会の今年度の開催状況によって東京マラソン2021への臨み方が変わってくる。

第11回富士・鳴沢紅葉ロードレース

開催予定:開催中止
毎年10月の終わりに開催しているが、第11回富士・鳴沢紅葉ロードレースは既に中止が決定している。鳴沢村といえばコロナ禍で一騒動あったけどそれが原因でないと思いたい。

第15回世田谷246ハーフマラソン

開催予定:未定
例年なら11月上旬に開催される。エントリーも7月からなので、近々何かしらの情報は出てくると思う。同時期の上尾シティマラソンが既に中止を決めているので開催は…。ただ開催するにしても抽選なので走れるとは限らない。

こりゃ多摩ラン
開催予定:未定

今のところ8月までの予定しか出ていないが、6月は開催したようなのでこのあとも予定通り開催すると思われる。毎月やっていて参加人数も多くないので活用しやすいかも。

第40回フロストバイトロードレース

開催予定:未定
毎年1月に開催。まだ先なので開催は分からないが、アメリカが大きなダメージを受けているので開催は難しいかもしれない。ちなみに今年の横田駅伝は中止になっている(6月)。

第67回桐生市堀マラソン

開催予定:未定
毎年2月に開催。先過ぎて今どうこうということもないだろうが、元々地元の参加者が多いので県内の参加者だけとか、そういう措置が取られても不思議はないかも。

少しずつ開催していく大会も増えていくと思うので、昨年度選択しなかったレースへの参加も検討しつつ、東京マラソン2022も選択肢に入れていきたい。

もし東京マラソン2021が中止になったら?

まだ開催するか分からない東京マラソン2021だが、もし中止になった場合、今年と同じように参加権の移行だけでは簡単に事が進まないかもしれない。

たとえば、東京マラソンの定員の38000人のうち、28000人が2021大会、10000人が2022大会を選んだとする。参加権の行使の締め切りは7月中なので、2021大会の残りの10000人の枠を埋めるために8月から一般エントリーが始まると思う。

これで2021年大会に参加予定の38000人が決まったとして、もし2021年大会も中止になると、既に2022大会の枠が10000人分埋まっているので、2021年大会の38000人のうち28000人しか2022大会に移れない。

2020当選者を優先するのかなど、新たな決め事を作らなければならず、一筋縄ではいかないと思う。エントリー時に『中止の場合は参加権の移行をせずに返金を希望する』などの選択肢を設ける必要も出てくるかもしれない。

今回の仮定は希望者数を2021>2022で書いたが、これが逆だったらほとんどの人が半強制的に2023大会に移る可能性が出てくる。今から2023年ってかなり先の話だ。

先のことはどうなるか分からないけど、あえて2022年大会を選択した方が狙い通りに走れるような気がする。

あと2ヶ月近くあるので、情勢を見ながらじっくり判断していこうと思う。