走るナイスガイ

目指せ!走るナイスガイ!

富士登山競走の開催可否ほか

f:id:iiyudana66:20200425162807j:image

第73回富士登山競走の開催可否について

4月23日に公式ホームページが更新されていたが、第73回富士登山競走の開催可否は5月中旬頃を目安に決定する模様。

富士登山競走は平日開催で、しかも前日受付が必須ということもあって宿の手配や仕事の予定などで諸々の調整が必要な人は多いはず。2ヶ月前に決めてくれるというのはありがたい。

ただ、仮に5月中旬にコロナ禍が一旦落ち着きを見せていたとしても、そのあとまた感染が拡大する可能性もある。

効果が期待されているアビガンの増産やワクチンの開発など進行中のものも多く、まだまだ更なる状況の変化に対応できる状態ではないということも考えると今年は開催を見送っても仕方ない気もする。

山梨県は感染者が多い東京都と隣接している県の中では圧倒的に感染者が少ない。神奈川や埼玉、千葉と比べると東京との往来が少ないのはもちろんそうだが、山梨の東側に住んでいると東京へ働きに出ている人も多い。

富士スバルラインの凍結や富士登山競走の試走自粛の呼びかけもそうだが、せっかく今抑えられているのであれば、もっと正確な情報や対処方法が見えるまで外部からの流入を出来るだけ避けるというのは正しいやり方だと思う。

そういう意味でも今年は富士登山競走の中止もやむを得ないと思う。

自分の最近のジョギング事情

私はというと最近はほとんど走っていない。

体調が悪いわけではないが、自分が無症状感染者だったらと思うとジョギングも躊躇ってしまう。それでも走る時は呼吸が乱れない程度のスピードで、歩行者との距離はできるだけ空けてというマイルールを作って走っている。

そうは言ってもジョギングを迷惑だと思う歩行者がいると思うと気を使わないわけにはいかないので、走り出すのに躊躇っているという状態。

また参加予定だった大会が悉く中止になったというのも無理に走らなくなった一因。

参加予定で延期になった大会

・東京マラソン(2020/3/1)
・かすみがうらマラソン(2020/4/19)
・富士忍野高原トレイルレース(2020/6/7)

どれも楽しみにしていた大会だったので、結構ショックが大きかったりする。

東京マラソン参加権の移行について

案内によると東京マラソンの参加権を移行させるかどうかは5月中旬に決めないといけないらしい。ただ、東京マラソンを走るとなると去年同様にいくつか大会を挟んでから臨みたいので、今年一杯大会の中止が相次ぐようであれば東京マラソン2021ではなく2022への参加にしてもいいかもしれない。

本当は少しでも若い状態で参加したいという気持ちもあるが、東京マラソンは2度と走れないかもしれないので準備不足で参加はしたくない。

ある意味幸せな悩みではあるが、あと1ヶ月考えてみようと思う。