走るナイスガイ

目指せ!走るナイスガイ!

【富士登山競走】五合目コースのエントリーに成功

f:id:iiyudana66:20200317193425j:image

とにかく熾烈な富士登山競走のエントリー

参加権の必要な山頂コースは定員が2500人、それに比べて誰でもエントリーできる五合目コースは半分の1276人(合計で3776人)が定員なので、自然とエントリー競争が激しくなる。

今年は仕事帰りの電車の中で21時を迎えることになり、電波状態が悪くなったらどうしようかという心配もあった。そんな中で21時ジャストにランネットにアクセスしたらお決まりの30秒更新の待ちページに。

30秒のカウントダウンの間に急行から各駅停車への乗り換えのタイミングになってしまい、歩きスマホはしたくないのでチラ見しながらページの進捗を確認。

電車を乗り換えたところで待ちページが終わったので慎重にエントリーを進める。待ちページ自体は多分4回の更新で済んだはずなので、割と前の方に並べていたのかも。こればかりはアクセスのタイミングなので運も大きかったと思う。

山頂コースの資格はあるものの、昨年の結果に満足がいっていないのでもう一度五合目コースを選択。

ちなみに山頂コースは少なくとも21時27分までは受け付けていたのでやはり熾烈なのは五合目コースならではということだと思う。

f:id:iiyudana66:20200317134548j:image

一度ランネットに入ってしまえばそこからは待つことはないので、急いでエントリーを進めて無事にエントリー完了。

f:id:iiyudana66:20200317190541j:image

これで悔しかった昨年のリベンジが出来る。

ちなみに、富士吉田市にふるさと納税をすると富士登山競走の出場権をもらえるらしい。ただし、枠が100名以内なので応募多数の場合は抽選となる模様。

 

今年の目標

f:id:iiyudana66:20200317193558j:image

昨年は2020年の山頂コースの参加資格(五合目コースで2時間20分以内)を取ることに目標を置いて取り組んで、結果的には2時間2分で目標は達成できた。ただ体調がイマイチだったことやロード区間でボーッとしていて攻められなかったことなど悔いの残る結果だったので、今年は最低でも1時間50分は切りたい。

まだいくらか時間があるので、本番までには目標の上方修正はするつもり。

ある程度納得して、来年の山頂コースへのエントリーに繋げたいと思う。

きっかけになった大会

昨年このレースにエントリー出来たことをきっかけに、それまでの緩いジョガーから脱却して目標を持ってしっかり走るランナーを目指してこれた(レベルはまた別の話)。

当時はひと月に100㎞も走るなんてとんでもないことだったけど、目標を立てて臨んだことで4月は100㎞超えて(それでも少ないけど)、今では月に200㎞走れるようになった。

比例してタイムも向上して、ハーフマラソンでは3分以上の自己ベストが出せたし、走れなかったけど東京マラソンでサブスリーを狙えるまでになったのも昨年富士登山競走にエントリー出来たのがきっかけなのは間違いない。

 

今こうやって色々なイベントが中止になっていく中で、富士登山競走も中止になる可能性は十分にあると思う。

レースにだけモチベーションを求めると、そのレースが中止になった時にエネルギーの行き場を失うどころか悪い方に使ってしまうかもしれない。

そうならないように、レースはあくまで日々の練習の効果測定という位置付けにして、元気に走っていられること、続けていればどこかのタイミングで1秒でもタイムを縮められる可能性があることをモチベーションにして走っていきたいと思う。

ランニングというスポーツは1人でも楽しめるので、こういう時にも自分のそばにいてくれることに本当に感謝したいと思う。