走るナイスガイ

目指せ!走るナイスガイ!

東京マラソン2020に向けて今更の30km

f:id:iiyudana66:20200128220312j:image

東京マラソン2020に当選してから長い距離を全然走っていなかった。

何となくフルマラソンを走るなら30km走はやっておきたいよね、という感覚があって年末に皇居を30km走ろうとして25kmでノックアウト。

本番までもうあと40日を切っていてこのまま逃げ続けていると本番で後悔しそうなので先週の土曜日に30kmのLSDをやった。

この日は、前日のやる気が嘘のように朝起きて全然走る気にならなかった。

最近仕事が忙しいせいか朝起きて体がダルい。

起きてからとりあえずぼーっとして、何となく走る格好に着替えるも気持ちが乗ってこない。

「今日走らないと本番で後悔するよ!」という天使くんと「今さら長い距離走っても大して変わらないよ!」という悪魔ちゃんの声に耳を傾けながらどうしようかな〜と走らない理由を考え始める。

たまたま目に入った煎餅を一枚食べて、いつもより多めに噛んで味わっているとムキムキマッチョなナイスガイが現れてこう言う。

「とりあえず外に出て走り始めなさい」

30kmに拘らなければ休むという選択肢は元々無かったのでムキムキマッチョなナイスガイの言う通りとりあえず走り始めた。

走り始めた感じだと乗っていない気分の割には足取りは重くない。

何km走るか決めていなかったのでペースはいつものジョグペース(キロ5分切るくらいのつもり)。

折り返せば10kmというところでもう少し走ってみようかなと。

この時汗もかいていなくて疲労感が皆無だったのでなんとなく30km行けるかな〜という手応えがあったと思う。

ここから先は普段走らない場所なので、折り返せば30kmのポイントまでは距離がわからない。

何となく時計を見てキロ5分で換算しながら距離を想像するが、おおよそ10kmを超えても汗一つかきゃしないのでこのまま15km地点まで行くことに。

鶴見川のサイクリングコースを走っていたのでアップダウンは橋の下を通る時くらいでほとんど平坦。

と言っても川なので下流に向かって下ってはいるけどほとんど分からない。

f:id:iiyudana66:20200128200735j:image

折り返し地点までは1時間11分だったので大体キロ4分44秒くらいのペース。悪くない。

帰りは同じコースを上流に戻るだけで、ここまで疲労も無いので気持ちよく走ろうと思ったら思いのほか風が強かった。

往路で疲労を感じなかったのは追い風だったからかと少し残念になるが、せっかく始めた30kmなので風に負けないようにしっかりと進む。

流石に25kmを超えてくると疲れたなーと感じ始めたけどここからは走り慣れた場所なので気持ち的には割と楽だった。

終わってみれば帰りは1時間8分でキロ4分32秒くらい。途中催した便意がスピードを上げてくれたのかもしれない。

出し切った感じがないので悪魔ちゃんの言う通り大して効果は無いのかもしれない。

でも起き抜けの30kmもこのペースなら煎餅一枚で乗り切れる事が分かったのは少し自信になった。

あの時「とりあえず外に出ろ」といってくれたムキムキマッチョなナイスガイには感謝したい。

やらない理由を考えているうちはナイスガイにはなれないんだと再認識させられた。

ちなみにこの日は上下ウインドブレーカーを着て走ったが、ウインドブレーカーは全然ウインドをブレークしてくれず風の影響を大いに受けた。

本当にウインドをブレークするのは強い気持ちだとムキムキマッチョなナイスガイが言っている気がした。