走るナイスガイ

目指せ!走るナイスガイ!

第39回フロストバイトロードレース(5km)の振り返り

f:id:iiyudana66:20200119215250j:image

今日は予定通り第39回フロストバイトロードレースの5kmの部に参加。結果は17分59秒でフロストバイト5kmの自己ベスト更新。

フロストバイト前日

レース前々日の金曜日は仕事が忙しかったうえに頭痛がしたので走るのをやめて体を休めることに。

この時点で土曜の天気は早朝に雨で昼前に雪が降るという予報。

レース直前に2日続けて休みたくなかったし、レースまでの間隔を出来るだけ開けたかったので雨が止んだら走ることに。軽めに10kmのジョグを予定。

走るタイミングを図るために天気予報と外を何度も見ていたら確かに10時過ぎくらいからみぞれになってきていた。

そしてそのまま雪に。

雨よりは濡れないだろうということで走り始めたがまぁ寒いこと寒いこと。

ただ普段なら早朝でも深夜でも誰かしら走っているのにこの日は誰も走っていなかったので何となく気持ちよく走れた気がする。予定通り10kmジョグをした。

フロストバイト当日

入場からスタートまで

f:id:iiyudana66:20200119203451j:image

横田基地の開場は7時ちょうど。開場前に基地の入り口に着いたけど今年は例年に比べて人が少ない気がする。天気いいのに。

会場の後は誘導に従って身分証明書の提示と荷物検査。導線に沿って進んで参加賞のトレーナーをゲット。

f:id:iiyudana66:20200119214710j:image基地に入った時はまだほとんど人がいなかった

f:id:iiyudana66:20200119214720j:image

更衣室は軍用テント

今年は体育館が開放されていなかったのでスタート地点や物販ブース、メインステージに程近いところに陣取りとりあえず物販ブースを散策。

f:id:iiyudana66:20200119203246j:image早い時間なので物販ブースも人はあんまり多くない

とりあえず何かお腹に入れたいなーとぐるぐるした結果、ホットチョコレートとドーナツを購入し甘々の朝食をいただく。

f:id:iiyudana66:20200119203407j:image

他にも長いホットドッグやジャンボなスモーキーレッグ、ハンバーガーなどが売っていた。流石に全部は食べられないのでドーナツで我慢。

そのあとは少しまったりして開会式で大佐の挨拶を聞いて恒例のズンバを踊った。これがしっかり踊るとかなり疲れる。でも楽しい。ヨッシーの着ぐるみを着たお姉さんは可愛かった。

ズンバの後は陸上トラックがあるのでそこで軽くアップしていざスタートへ。

スタート

f:id:iiyudana66:20200119204153j:image黄色いラインがコース

スタートしてすぐ前を追い抜いていく。

真ん中から追い抜くのは難しいので沿道よりを走ったが、沿道で応援してる皆さんから『怖い』の声が。それも1人じゃなく沿道が途切れるまで何度も聞いた。180cmを超える大男が前に追いつくために必死のスピードで走っているので無理はないと思う。ごめんなさい。

スタートしてから人混みを抜け、先頭が見えるところでレースを進める。

が、絶対にオーバーペース。

GPSウォッチじゃないし距離表示もないのでとにかく突っ込む。

時計を見て7分くらいのところでもう限界だった。

全然スピードが上がらず1人、また1人と抜かされていく。ここが何km地点かは分からないのが苦しい。

出来るだけスピードを落とさないように努めて歯を食いしばって何とか走った。

途中にいる米軍ナイスガイに笑顔を見せると笑顔で返してくれるので元気をもらえる。

最後の直線でゴールゲートが遠くに見える。スピードが上がれば抜かし返せたと思うが、そんな余力は全然残っていない。

最後はヘロヘロになって17分59秒でゴール。17分台の手応えは無かったので距離は短いのかもしれない。

レース後

走ったあとは荷物をまとめてそそくさと退散。

この後メインイベントのハーフマラソンがスタートするので選手の大移動があるが、流れに逆らいながら出口へ向かう。

基地を出たあとは16号沿いにあるDEMODE DINER(デモデダイナー)へ。

f:id:iiyudana66:20200119213804j:image

ここでナイアガラバーガー食べてタンパク質を補給。

f:id:iiyudana66:20200119213845j:image

ここまでがフロストバイトのワンセットだと思っている。肉汁とチーズが垂れまくりだけど美味しくいただきました。

 

タイムは以前より伸びているので確実にレベルアップしていることを実感しているし、もう少しペースコントロールが出来るようになればもっといいタイムが出せると思う。

来年は今年より速く走れるように、順位を上げられるように精進していきたい。