走るナイスガイ

目指せ!走るナイスガイ!

30km走に臨んだけど見事に撃沈

今日は皇居で30km走(予定)

どう考えてもフルマラソンに向けた練習が出来ていないので今年最後の練習は皇居で30km走をすることに。

ただ30km走ってもつまらないのでビルドアップをしようと思い立ち、タイムは以下のように設定。

1周目 22分30秒(4分30秒/km)
2周目 22分05秒(4分25秒/km)
3周目 21分40秒(4分20秒/km)
4周目 21分15秒(4分15秒/km)
5周目 20分50秒(4分10秒/km)
6周目 20分25秒(4分05秒/km)

出来るかどうかは分からないけど、出来たらカッコいいのでこういう設定にしてみた。

1周目

ランステの関係で三宅坂の信号がスタートなのでまずは下り。

ブレーキかけて行かないとタイムが滅茶苦茶になってその後に影響すると思い抑えてはいる。

が、最初の1kmを4分10秒で入ってしまう。

そこから抑えよう抑えようとしても中々4分30秒まで落とせず、結果的に1周目は21分47秒。

40秒くらい速くなってしまった。

2周目

とにかく抑えないと30kmなんて無理だと分かっているので抑えて入る。

それでも入りが4分13秒。

これはヤバいと思い、思い切ってスピードを落としてみる。

登り坂でも頑張らずにマイペースを貫くも、この1周が21分24秒。

速くなってどうする。

3周目

このままだと30km持たなそうなので、一回4分30秒まで落とそうと決意。

この時点でビルドアップは諦める。

ゆっくり下ってみたものの、入りは4分11秒。

そしてその後とにかくゆっくりとにかくゆっくりと意識して走っていたら、後ろでずっとバタバタしながら付いてくる人が。

チラ見したところ少し前に抜かした人が一生懸命付いてきていた。

出来れば先に行って欲しいのでスピードを緩めるも中々行ってくれない。

こうなると後ろに意識してしまいペースを落とそうとしても逆に上がってしまう。

登り坂でも足音と激しい呼吸に煽られてスピードが落ちない。

終わってみたらこの1周が21分17秒で全然落とせなかったどころかビルドアップに成功。

後ろにいたランナーはそのあと1kmくらいでいなくなったので出来れば付いてこないでほしかったけど、自分のペースを保てないのは弱い証拠なので反省。

3周終わった時点で66分15秒が理想のはずだったけど64分28秒になってしまった。

4周目

最初の1kmは途中まで煽りランナーが付いてきていたので4分15秒くらい。

途中からいなくなったのでスピードを落とすつもりではいたけどガクッと落とせないのでなんとなくそのまま走り続けてこの1周は21分29秒。

もう滅茶苦茶だったしかなりキツくなっていたので残りの2周はビルドアップを諦めて4分30秒で走ることに。

5周目

入りの1kmは4分30秒。最初からこのペースで良かったはずなんだけど、実際に走ってみると凄く遅く感じる。

ただ、後半にある登りから呼吸が苦しいというか肺が痛くなって息が吸えなかった。

どんどんペースが落ちていく。

呼吸が全然出来なくなっていたので6周目を諦めて5周目を23分01秒。5周25kmを109分でフィニッシュ。

反省点

まず最初の1km地点しかチェックしていないことでペースが全然掴めなかったのが大きいと思う。5km走るまでペースが分からないというのはこういう練習では致命的。

そして煽りに負けてスピードを落とさなかったこと。設定通りにやるというのはとても意味のあることなので、肝に命じたいと思う。

最後に、そもそも長い距離を走る練習が少ないこと。ビルドアップとかは置いておいて、30kmのジョグをまずは一回やるべきかなと思う。

 

今日使ったランステ

日比谷のラフィネは無くなってるし竹橋のランピットは休みということで、永田町駅に近いアディダスのRUNBACE TOKYOを使うことに。

f:id:iiyudana66:20191231175451j:image

チケットを買って入るだけなので、余計な手続きなどが無くてとてもいい。

店内もおしゃれで、ロッカーもおしゃれ。

f:id:iiyudana66:20191231175758j:image

Tシャツはミズノ、ランパンはナイキ、シューズはアシックスとアディダス製品は身につけていなかったけど、店員さんも笑顔で受け入れてくれた。

今日は反省することが沢山あるが、身も心もしっかりとケアして次の練習に活かしていきたいと思う。

ちなみにRUNBACE TOKYOの洗面台にはローションタイプの化粧水が置いてあったのでお肌のケアはすぐに済ませることができたのはナイスガイにとってラッキーだった。

f:id:iiyudana66:20191231180218j:image

それでは良いお年を。